toggle
恵比寿の美容院 WEC Hair & Eyelash(ウェックヘアー アイラッシュ) ヘアカラーを得意とした美容院&マツエクサロンです
2017-03-27

グレージュカラーの出し方と緑になってしまう人

最近よく聞くグレ―ジュカラー。そもそも何色なの?って感じなのですが

グレー+ベージュのようなカラーだそうです。

グレーとは灰色なので灰色がかったベージュという感じでしょうか… 余計分からないわ!
と、思う方がいると思いますがWEC Hairに来ていただいたお客様の中には他店でグレージュの色がいいって言われて染めてみたら緑になってしまった…という相談でご来店されるお客様が何名かいらっしゃいました。

灰色ベースのベージュであるグレージュなのにどうして緑になるの?
そんな疑問に答えてみようと思います。

まず手始めになぜ緑になるのか?
ということを解決したいと思います。

髪が元々持っている色というのが人によって違いまして詳しくは

赤くなりやすい髪と黄色くなりやすい髪

こちらに書いているのですが、赤くなりやすい髪と黄色くなりやすい髪があります。
元々日本人の8割ほどは赤くなりやすい髪なのでヘアカラーというのは赤くなりやすい髪の人がきれいに染まるように考えられています。

基本的にグレージュをやって緑っぽくなってしまう人は黄色くなりやすい髪の人です。
グレージュのカラー剤には「青」がたくさん入っています。もし赤くなりやすい髪の人に青をのせたら

赤+青=紫

なので「紫」ですが、人口染料のを青を濃い色にしたら青紫によるわけです。この青紫に灰色系の色をのせると灰色っぽくなったベージュ系の色、すなわちグレージュになるわけです。

(正確に言うと髪の毛の褪色した髪色が赤オレンジになっていて、それが青紫に相殺されてベージュ系による感じ)

色のを組み合わせを言葉で言っても伝わらないのですが、この仕組みを黄色くなりやすい髪の人に合わせると

黄+青は…?

これは分かりやすいですね!!緑なんですよ!!
あれ?グレージュのはずなのに緑になっちゃった!となるわけです。

もし自分が黄色くなりやすい髪だと思う方は美容師さんに「グレージュに紫を足してもらえませんか?」
といえばいいです。美容師さんも「?」が付く人が多いと思うのですが綺麗なグレージュになりますよ☆

noteでレシピを公開するので美容師の方はぜひご覧ください!(有料)

https://note.mu/wechair/n/nb06bb2f9f6ba


過去記事
関連記事