toggle
恵比寿の美容院 WEC Hair & Eyelash(ウェックヘアー アイラッシュ) ヘアカラーを得意とした美容院&マツエクサロンです
2020-04-12

ハイダメージ毛のグレージュカラー施術例【キクタニ】

痛んだブリーチ毛へのグレージュカラー施術例

 

ケアブリーチのメリット、デメリットとヘアケアの必要性

前回説明したケアブリーチを使っての施術例です。

before

この状態にある髪の毛を普段から綺麗に見せる為に、塗り方や薬剤判断、ケア系の処理剤やトリートメントを使ってダメージ毛をさらにひどいダメージにして髪が切れないように、綺麗に作っていきます。

他店で行っている上に、根元が伸びています。慎重にいきたいので過去にどんな施術をしたか、しっかりカウンセリングを行ってから作業に入ります。

このブリーチのダメージレベルには薬剤の塗り分けが重要になります。根元の新しい毛はダメージが少ないのに対し、毛先の髪の毛は見るからにダメージがあります。新しい髪の毛とブリーチしてある髪の毛のダメージ度合いの差が激しいです

新しく伸びてきた根本の黒い部分の髪の毛には通常のブリーチを使用して、毛先には、最近流行りのケアブリーチを使用する組み合わせにします。
ダメージを最小限にし、髪の毛の明るさのベースを整えます。前回説明したように根元をケアブリーチにしてしまうと理想の明るさまで明るくできないので2回以上ケアブリーチをしないといけないことになり、その分ダメージが増える恐れがあります。

またケアブリーチをやる前にも、

前処理トリートメント
(簡単にいうと、髪の毛の内部に含む栄養剤のようなもの)
を必要な分、補充してから作業を進めるとよりダメージを少なく、また髪の毛が切れることを最小限にしてくれます。


アフターの仕上がりはこんな感じです

after 


ビフォーに比べると、ダメージを最小限にする作業をいくつか施した結果のような仕上がりなりました。

グレージュとは?

最近の呼び方としては、グレージュ、グレーベージュなんてオーダーされることも多いと思います。

仕上がりの色の配合については、ただグレーのカラー剤を使うのではなく、グレーにするべく重要な色味がありそれをいくつか使い分けて、数%くらい重要な色身を混ぜることによって仕上がりは、ナチュラルなグレージュに変わります。(ちょっと企業秘密が入っていますので詳しく書けません。すみません!!)

特別な最新のカラー剤などは使用していません。
きっとどのお店にもある、ごくごく普通のカラー剤で色の組み合わせのみになります。これをやらないと、色落ちが綺麗に落ちていかないのでとても重要な作業になるのです。

気になる料金と所要時間になりますが、

初回の方のみ10%オフさせていただきます。(キクタニ限定)

ブリーチ(もしくはケアブリーチ)+必要に応じて前処理トリートメント+カラー

ショート¥14300〜 所要時間2時間
ミディアム¥15400〜 所要時間2時間
ロング¥16500〜 所要時間2時間半
(カラーのみの場合はシャンプーブロー代が+1100円かかります。)


また、過度な黒染めや縮毛矯正、デジタルパーマ、白髪染め、他店での過度なブリーチなどある場合、当日希望の髪型に出来ない可能性があります。
髪のダメージに可能な限り配慮した上で、近づける形でカウンセリングをし、施術を行っていきます。

髪の相談、今の状態でグレージュカラーが出せるか来店前に聞きたい場合はラインで画像込みでご連絡いただけたら対応します。

友だち追加 

Instagramでもご相談受け付けています!!


過去記事
関連記事