toggle
恵比寿の美容院 WEC Hair & Eyelash(ウェックヘアー アイラッシュ) ヘアカラーを得意とした美容院&マツエクサロンです
2013-04-10

赤くなりやすい髪と黄色くなりやすい髪

カラーリングの際に「苦手な色ってありますか?」と、聞くことが多いです。

そう聞くと大体のお客様が

「いつも赤く(オレンジ)っぽくなっちゃうんです」

「すぐ黄色くなってぱさついて見える」

の返事が返ってきます。

 

これは人それぞれが元々持っている髪の色素の違いから生じるものです。

「赤くなりやすい髪」

の方は赤みをもった色素から地毛の黒髪が形成されていて、

「黄色くなりやす髪」

の方は黄色、もしくはうすい黄緑色で地毛の黒髪ができています。

自分が講習で教えるときは「アンダーカラー」と説明していて、人が持つ髪の色素は人種を問わず4つに別れると説明しています。なんか血液型みたいですね(何の関係もありません)

ちなみに「アンダーカラー」で性格判断もできませんのでご了承ください。

日本人でしたら8割くらいはこの「赤くなりやすい髪」と「黄色くなりやすい髪」に入ります。

 

 

元々持っている色素なので変えることは出来ないのですが、対処法はあります。

「赤くなりやすい髪」の方は赤、もしくはオレンジの反対の色を入れて赤みを打ち消すことで自然な色になります。

赤の反対の色は通称「補色」と呼ばれますが緑色です。ヘアカラーで言うと「オリーブ」、「マット」あたりです。

よく赤みを抑えるのは「アッシュ」じゃないの?と聞かれますが、「アッシュ」は「赤みをくすませる」だけで打ち消す要素はありません。

カラー剤のメーカーによっては「アッシュ」の中に「マット」を混ぜている色もあります。

「赤みを消してアッシュっぽい色」にされたいときはやはりこの「アッシュ」と「マット」を髪の赤みに合わせて配合することで色をつくることが多いです。

 

この色の配合で「黄色くなりやすい髪」の方へカラーリングをしてしまうと非常にくすんだ色になってしまって顔色が悪い印象になってしまいやすいです。「黄色くなりやすい髪」の方が「アッシュぽい色」を希望された際はやはりその人の持つ色素を確認した上で「アッシュ」が強すぎる場合は「ベージュ」を配合することで「くすみ過ぎないアッシュベージュ」の色を使います。

で、「黄色くなりやすい髪」の方が黄色みを抑えたいと希望された際は「マホガニー」、「ピンク」、「ココア(深みのある茶色)」あたりとおすすめするケースが多いです。

ですが「黄色くなりやすい髪」の方はカラーリングの一ヶ月後には染めた時より明るくなることが多いのと、明るくすれば明るくなるほど黄色みが増してきます。

「艶のある髪」が欲しいと思っている方は明る過ぎない髪の方がいいですよ。

 

これらのお客様の髪の持つ色素に合わせてカラー剤を配合してカラーリングをするというのが美容院でカラーリングをする際の一番利点ではないでしょうか。

 

特に初めてWEC Hairでカラーリングをされるお客様、面倒かもしれませんが悩みをはじめに教えていただければ最適な提案をさせていただくことが可能です。

————————————-

追記、2013年9月

アンダーカラーについての詳細はこちらもご覧ください。

http://wecweb.jp/blog/ashunder-blueunder/

難しいかもしれませんが、髪の中身を知ると結構面白いんですよ

 

この内容はWEC Hairの著作権のもと書かれていますので無断転載禁止となっています


過去記事
関連記事