toggle
恵比寿の美容院 WEC Hair & Eyelash(ウェックヘアー アイラッシュ) ヘアカラーを得意とした美容院&マツエクサロンです
2014-06-14

W杯を楽しもう! ~グループC~

このブログを書いている間にワールドカップが始まってしまった… なかなか進まなくて遅れてしまいました。

 

前回のブログを書いてアップした後にふと気づいたんですが、初めてWEC Hairのホームページを見に来た人にとっては全く興味のないであろう話題でしたね。

失礼しましたm(__)m これも4年に一回のことです。ご了承くださいませ。

 

前回の記事をアップしたところ、Facebook上にウルグアイがお勧めに入っていないとかクラニャチルは最終メンバーから外れていますなどさまざまな意見をもらいました。若干修正もしてあります。間違った情報をネットにあげるのはいけないですからね。

しかし…クラニャチルが最終から外れていたことを友人の指摘で初めて知りました… さすが「サッカーに詳しすぎて気持ち悪い」人達です。

ありがとうございます。

 

というわけでワールドカップを楽しもう第2弾。これを見てお酒の席で「ワールドカップに備えた」人になっちゃいましょう!!

今回は日本の入ったグループCの展望です。

実はちょっと前まで結構楽観的に考えていました。

フットブレインという番組に出ていた岡田元代表監督が「コートジボワールは4年前より弱い。選手があまり動かない。ギリシャは先制点を取られたら勝った試合がここ数年無いから先制すれば勝てる。コロンビアはファルカオがそんなに出れない(その後メンバーから外れました)から、日本には全勝のチャンスはある」って言っていたんですよ。

あの2010年にベスト16まで日本を連れて行った名将OKADAが言うのであれば確かでしょう!!って思っていたんですけどここ最近の日本を強化試合を見ていて不安を覚えることが多々。

仮想ギリシャなんて言われていたキプロスは無視して、コスタリカ戦は守りをガチガチにしてくる相手を崩した点で仮想ギリシャに近かったのではと思うんですけど、先制されているんです…

でザンビアにも先制されているし。

強化試合と本番だと先制されてからのモチベーションの上げ方が難しいですからね。気になるところです。

で、ここ最近の各国の強化試合を踏まえての個人的見解を。

まずコートジボワール。

5月30日にボスニアに1-2で負けて、今月4日にエルサルバドル代表に2-1で勝っています。

両ゲームともディディエ ドログバが決めてますね。

注目選手はディディエ ドログバ、ジェルビーニョ、ヤヤ トゥーレ、サルモン カルーの前線。

日本も今の状態だと間違いなくディディエに決められてしまいそうです。司令塔のヤヤ・トゥーレが出るかでないか不明ですが、ヤヤは今シーズンはFKがかなりあったっています。ジェルビーニョ、カルーを含めた4人を今の日本代表のDFが止めることができるかが課題です。

いかにこの前線にボールを持たせないで中盤でゲームを進められたら日本のものでしょうね。絶対に引いてゲームをしないことで勝てたら決勝トーナメント進出が見えると思います。 きっとコートジボワールの得点はDFラインからディディエに一発でボールが渡ってのカウンターだと思います。なんだろう、これだけは簡単に想像できてしまう…

1点取られても3点入れればいいんです!!(楽観)

 

続いてギリシャ。

5月30日にポルトガルと0-0、3日にナイジェリアと0-0、6日にボリビアとは2-1で勝利。

相変わらずの堅守です。

正直言いますとギリシャの選手はほとんど分からないです。香川選手がマンチェスターユナイテッドでギリシャのチームのオリンピアコスと戦っている位でめぼしい選手がいない印象です。

ですがヨーロッパでは数少ない組織的な守備をしっかりしてカウンターでゲームを決めるチームです。

サッカーというのは国民性が出るスポーツだと思っています。日本は団結して組織で戦うチーム、創造性と自由がありながら個の力が強いブラジル、決してまとまらないフランスなんかは国民性が出ていると思います。

ですがギリシャ。 経済が破たんしているのに堅守とか組織的な守備とかをしていることに違和感を感じてしまいます。

サッカーでしっかり守れるなら自分の国の経済もしっかり守っておけよと言いたいくらいです。もっとギリシャ人らしく自分が自分がって好き勝手に主張していい加減なサッカーをしてもらいたいものです。

経済が良くないからなのかギリシャ代表は一般の人と同じホテルにいてグループリーグ分しか予約を入れていないみたいです。そのまま帰ってもらいましょうか。

まあ負けない相手だと思っています(楽観)

 

最後のコロンビア

5月31日にセネガルと2-2、6日にヨルダンに3-0で勝っています。

ファルカオがいないと言ってもここは南米予選を2位で抜けて来た強豪。前回大会のベスト16でやったパラグアイよりも厄介なイメージです。勝負の駆け引きが上手い南米に規律のある守備をさせる監督とかホント厄介でしかないです。

監督はぺケルマン。ちょっと日本代表監督への噂のあった方ですね。気になる選手はインテルのグアリン、グディエレス、バッカあたりでしょうか。

誰がいるとかいないとかではなくて日本代表って南米のチームに弱いんですよね… え?ザックジャパンはアルゼンチンに勝ったじゃんって? 親善試合とW杯では相手の戦い方は全然違うんですよ…

コロンビア戦唯一の期待は調子の上がっていない本田選手が復調すること。初戦とギリシャ戦は今のままでもなんとかなると思います。

ここぞの時に調子を合わせてきたら間違いなく日本のエースでしょう。期待しています。

 

それにしても今朝のスペイン対オランダはすごかったですね。初戦の研究を完璧にしてきたオランダのファンハール監督。すごいと思いましたかがご安心ください。日本の監督も知将ザッケローニでございます。何も用意していないはずがない!!

初戦が本当に大切なW杯。明日は朝から忙しいです!!(試合観戦で)

 

 

 


過去記事
関連記事