toggle
恵比寿の美容院 WEC Hair & Eyelash(ウェックヘアー アイラッシュ) ヘアカラーを得意とした美容院&マツエクサロンです
2013-04-22

その色って何色なの? その2

前回の記事ではアッシュに焦点を絞りましたが、他の色についても書いていきます

 

「マット」って色の名前をヘアカラーでは聞くと思います。

ですが基本的に色彩学の考えの中に「マット」という色は無いんです。「光沢のない色の質感」を「マット」と呼びます。

「マット」な色の反対は「シャイニー」とか「艶、光沢のある」色ですね。

 

ヘアカラーでは髪の毛に「くすんだ緑」を足すことで髪の毛の艶、光沢がなくなり「マット」な質感になるのでそれを「マット」と呼んでいます。

その逆に髪に「薄めの青紫」を足すと髪に艶、光沢が出て「パール」な質感となるのでそちらは「パール」と呼ばれています

ヘアカラーのマットはこんな色です

MAT1

緑がくすんだ感じです。

ほぼ同系統の色味としてオリーブがあります。想像通り食べ物のオリーブに近い色です

MAT2

 

WEC Hairではやはり似た色を2色用意しています。それは赤くなりやすい髪と黄色くなりやすい髪があるので、それをコントロールするために緑の濃さが違う2色を用意しています。

ちなみに少し前は濃い色の緑が流行っていたのですが、最近は薄めの緑を足して「ベージュ」、「オリーブベージュ」な髪色にすることが多いです。

 

 

補足ですが美容院でのヘアカラーでは2色、3色を混ぜて使用することが多いです。

赤みの出やすい髪に「マット」と「アッシュ」を混ぜることでくすみを増やして赤みを消す、「マットアッシュ」とか、逆にアッシュだけだとくすみすぎて顔色が悪く見えるようなら「パール」や「ベージュ」を足して「パールアッシュ」や「アッシュベージュ」にしてみたり。

「ピンクアッシュ」や「ココアブラウン」とかもありますね。

混ぜることでバリエーションはホント広がります。

ただ人によって言葉を聞いて出てくるイメージは違います。カラーをこのような名前で伝えるよりも雰囲気で教えてくれたらイメージが伝わりやすいケースもありますので細かく教えていただけると助かりますm(__)m

 


過去記事
関連記事